ようこそ、矢部保育園のホームページへ

保育指針-内容-人間関係-新旧対照

内容(人間関係)の新旧対照表

保育所保育指針新旧対照ページへ戻る

新指導指針旧指針(6歳児の内容)
人間関係① 安心できる保育士との関係の下で、身近な大人や友達に関心を持ち、模倣して遊んだり、親しみを持って自ら関わろうとする。(1)保育士や友達などとの安定した関係の中で、意欲的に生活や遊びを楽しむ。
② 保育士や友達との安定した関係の中で、共に過ごすことの喜びを味わう。
③ 自分で考え、自分で行動する。
④ 自分でできることは自分でする。
⑤ 友達と積極的に関わりながら喜びや悲しみを共感し合う。
⑥ 自分の思ったことを相手に伝え、相手の思っていることに気付く。(3)進んで自分の希望や意見、立場を主張したり、一方で相手の意見を受け入れたりする。
⑦ 友達の良さに気付き、一緒に活動する楽しさを味わう。
⑧ 友達と一緒に活動する中で、協力して物事をやり遂げようとする気持ちを持つ。(2)集団遊びの楽しさが分かり、きまりを作ったり、それを守ったりして遊ぶ。
(5)自分で目標を決め、それに向かって友達と協力してやり遂げようとする。
⑨ 良いことや悪いことがあることに気付き、考えながら行動する。(6)友達との関わりの中でよいことや悪いことがあることがわかり、判断して行動する。
⑩ 身近な友達との関わりを深めるとともに、異年齢の友達など、様々な友達と関わり、思いやりや親しみを持つ。(8)自分より年齢の低い子どもに、自ら進んで声かけをして誘い、いたわって遊ぶ。
⑪ 友達と楽しく生活する中で決まりの大切さに気付き、守ろうとする。(4)友達との生活や遊びの中できまりがあることの大切さに気づく。
⑫ 共同の遊具や用具を大切にし、みんなで使う。(7)共同の遊具や用具を大切にし、譲り合って使う。
⑬ 高齢者をはじめ地域の人々など自分の生活に関係の深いいろいろな人に親しみを持つ。
⑭ 外国人など、自分とは異なる文化を持った人に親しみを持つ。(9)外国の人など自分とは異なる文化をもった様々な人に関心を持ち、知ろうとするようになる。

保育所保育指針新旧対照ページへ戻る

HTML convert time: 0.013 sec. powered by Quick Homepage Maker 3.37
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional